EC物流とは?基本的な業務の流れと起こりうる課題や解決方法

2021.11.30物流・フルフィルメント
Pocket

EC物流とは?

EC(Electronic Commerce)はインターネット上での商取引です。巨大なプラットフォームとしてはAmazonや楽天などがありますが、それらのECサイトで購入されたものを購入者に届ける一連の流れをEC物流と言います。

EC物流の概要

EC物流は新型コロナウイルス禍で市場拡大の一途を辿っています。自宅にいながらECサイトで商品を購入でき、最近では置き配の普及もあって荷物が届くのを待つストレスも減りました。

EC物流の特徴はBtoCの物流業務であること。個人客に向けて届けるため業務用と違いギフト用であればラッピングも必要ですし、チラシやクーポンなども同梱するケースが多いです。さらに、一つの品目の購入量は少なく品目は多く、それをたくさんの客に届ける必要があります。いわば少量多品目多配送といった物流になるため、物流センターは間違いがない効率的なオペレーションが求められます。

EC物流の基本的な業務の流れ

ミスのないEC物流を実現するためには厳密な工程管理が不可欠です。どのような手順で行われるのかご紹介します。

1.入荷

EC物流の入荷作業で重要なのは、多品目をもれなくチェックすることです。ここでミスがあると以降の業務フローが全て崩れるので正確に行う必要があります。

 -入荷検品
商品の販売者である企業や店舗から届いた商品を、伝票と照らし合わせ検品します。数量、規格などが正しいか確認します。

 -入荷報告
購買担当者に検品した内容を報告します。何か問題があれば購買担当者から販売者に確認が入ります。

2.保管

保管は出荷時のミスや時間のロスを防ぐための重要な工程です。ここで保管のルールが守られていなかったり、適切な管理がされていないと、トラブルの元になります。

 -在庫管理
入荷した商品はルールに則って棚入れを行います。商品が入っている場所が出荷時に一目でわかるように配置しなければなりません。また、商品の性質によって高温多湿や冷暗な場所を避けなければいけないこともあります。

 -棚卸
定めたタイミングで在庫の数や品目があっているかどうか一斉にチェックします。

3.出荷/配送

EC物流の出荷配送時はBtoC向けのため対応することが多いです。通常であれば販売者が行う内容を代行するフローがあります。

 -ピッキング
受注が入ったら倉庫で保管している商品を取り出します。ピッキングにあたっては効率良い動線と正確な保管状況が不可欠です。EC物流での注文は少量多品目のケースが多いため、多数の商品を正確にピックアップするのにいかに時間を短縮できるかが人件費や管理コストを下げることにつながります。

 -梱包
EC物流の梱包は様々なカスタム業務があります。販売者の求めに応じて同梱しないといけないものがあるため、漏れなく行うことが必要です。

 -納品書・送付状発行、同梱
納品書を発行します。また、メッセージカードやギフトラッピングなどが必要な場合もあるため、指定された内容を間違いなく行います。他にもショップのギフト券やチラシなど必要なものをセットして同梱します。

 

EC物流の起こりうる課題

EC物流ではBtoBの物流や既存の宅配便サービスとは違う課題があります。業務規模が肥大化し、管理が大変になりがちです。具体的にどのような課題があるのでしょう。

【課題1】工数が多くヒューマンエラーが起こりやすい

従来の物流に比べ、販売者から入荷した多品目の製品を保管すること、それに伴う検品や棚卸し、梱包の際の手間など、非常に工数が多いのがEC物流の特徴です。人が介入する工数が増えれば増えるほどヒューマンエラーの原因となります。

【課題2】受注から出荷までの時間的コストがかかる

EC物流で特に工数が増えるのが受注から出荷までです。工数が増えれば自然と時間もかかり出荷も遅れます。スタッフが一案件の商品の発送に関わる時間が長くなれば、コストも増大します。

【課題3】出荷個数が増えた際に負担が大きくなる

EC物流の特徴は多品目少量であるため、BtoBの物流に比べてそもそものコストが高いです。さらに、時期等によって出荷個数が増えた際は、スタッフの人件費や労力が増大します。

EC物流の課題を解決するポイント

EC物流の課題はコスト削減や工程の最適化をいかに成し遂げるかです。以下の3つのポイントから課題解決を行いましょう。

【ポイント1】現状のフェーズから業務内容を見直し、また近い将来のフェーズで必要な業務を検討しておく

まずは現在頻発しているトラブルやコストがかかっている工程があれば、どのような問題があるのか洗い出しましょう。何かボトルネックが必ずあるはずです。EC物流は基本的に定めた業務フローに乗っかり自動で進みますので、トラブルが起こるということはそれ以前の工程に問題があるか、業務フロー自体が適切でない可能性があります。

さらに、将来的に発生しうるニーズや課題があればそれを踏まえて、業務を検討することも必要です。テクノロジーや社会の進化に対応できるように、入れ替えやアレンジができない業務体制は改善していく必要があります。

【ポイント2】倉庫管理システム(WMS)の導入により業務を簡略化し正確性を上げる

WMS(Warehouse Management System)は、クラウド上で入荷から出荷までの物流業務を簡略化し正確さを向上させるシステムです。イメージとしてはこれまで人力で行っていた各業務をハンディの読み取り機器を使用し、正確かつスピーディーに行います。また、読み取ったデータは全てクラウドに転送され、管理担当者はリアルタイムの商品状況を確認可能です。帳票類や発送ラベルなども全てPC上から出力できます。

【ポイント3】物流業務のアウトソーシングサービスを利用する

これらの専門的なEC物流を構築するのはコストも時間もかかります。そのため、物流業務のアウトソーシングを利用し、自社から手離れしてしまうのも一つの手段です。本来集中すべき企業活動に注力できます。

物流業務のアウトソーシングを利用することのメリット

物流業務をアウトソーシングするのは単なる業務効率化にとどまらないメリットがあります。企業の価値を高め競争力を生み出すことにつながるのです。

【メリット1】リソースを確保することが可能

EC物流の運営には、人、設備、ノウハウが必要です。これを全て自社で賄い平常運行できるまで持ってくるのは多大なコストと時間がかかります。アウトソーシングをすることで全てが揃った状態になるため、EC物流の運用をスムーズに開始することが可能です。

【メリット2】顧客満足度向上につながる

アウトソーシングをすることで企業が本来集中すべき顧客満足度向上のための活動に注力できます。また、EC物流に付加価値をつけるという意味でいえば、梱包のクオリティや発送のスピードなど、自社で行ったのでは難しい専門性もアウトソーシングなら実現可能です。

【メリット3】コストダウンができる

アウトソーシングすることでコストダウンが可能です。人件費、設備費など自社で投資する必要はありませんし、多くの企業のEC物流を担当している物流センターにアウトソーシングをすることで、単価も抑えられます。

おわりに

EC物流は専門性の高い物流センターにアウトソーシングすることで、本来あまりコストをかけたくないバックヤード業務から開放されます。企業価値を高め収益を上げるための活動に集中するためにEC物流は早期にアウトソーシングをすることをお勧めします。

Pocket

The following two tabs change content below.
ウルロジ 編集部

ウルロジ 編集部

ディーエムソリューションズ㈱のEC事業特化型物流アウトソーシングサービス「ウルロジ」のエキスパートメンバーで結成。通販エキスパート検定1級・2級を保有。長年物流戦略をサポートしてきた実績と確かな知識をもとに、EC事業者様に役立つ情報を発信していきます。